アトピーに悩める人を救う方法とは|役立つ情報がココにあり

レディー

大豆製品を食べる

下を向く婦人

女性イソフラボン

女性ホルモンは生理の痛みや、体の不調などに関与してきます。50歳前後で閉経が終わると急激に女性ホルモンが低下します。若い間は食生活や生活習慣により女性ホルモンのバランスが崩れることがあります。ただ単に増やすといいと言うわけではありません。大豆製品は女性ホルモンを増やすと言われています。しかし半数くらいの方は女性ホルモンの作用と同じようなイソフラボンが吸収できないと言われています。また過度なダイエットはバランスを崩しやすく、逆効果であることもあります。よって適正体重を維持することが大切です。味噌などに含まれるエクオールはより女性ホルモンと同様の作用を持つ成分の吸収効率を増やすことができるため、見直されてきています。

男性にも効果的

女性ホルモンを増やすと肌のきめがよくなります。これは男性でも同じです。最近ではサプリメントで補給することもできます。商品としてはエクオールの方が効果があるため人気があります。しかし大豆イソフラボンの方が価格が安いため続けやすく、こちらを好んで購入される方もいます。男性が摂取してもほとんどの場合問題ありません。大豆製品の取りすぎで胸が大きくなったと言う報告もありますが、常識以上の量を摂取しないと起こりません。ただし、子供はサプリメントでも影響を受けるため、商品によっては注意勧告されています。大豆はその他、コレステロールや体脂肪、活性酸素の除去など様々なことが期待されているため、積極的に摂取したほうがいいです。